ホースのサイズと測り方

園芸用品や散水用品を購入するときに、ホースのサイズがわからないという声をよくお聞きします。
ホースのサイズを正しく知ることで、あわせて使うと便利なアイテムの幅も広がります。
ここでは、ホースのサイズや測り方についてのポイントをまとめています。

ホースサイズの見方

ホースのサイズには、内径と外径のサイズがあります。内径はホースの内側の直径、外径はホースの外側の直径にあたります。
ホースを測るとき、ホース関連商品を購入するときは、内径と外径のどちらとも必ず確認しましょう。

■ホースの内径は、ホースの内側の直径にあたります。
■ホースの外径は、ホースの外側の直径にあたります。

また、ホースのサイズ、サイズの間隔は、製造元により異なりさまざまなラインアップとなっています。
当社では、一般家庭用の散水用品に使用・対応するホースサイズを、「細ホース」、「普通ホース」、「太ホース」として定めています。

■ホースサイズの一例 (当社サイズ)

細ホース: 内径7.5~9mm 外径13.5mmまで

普通ホース: 内径12~15mm 外径21mmまで

太ホース: 内径15~18mm 外径26mmまで

ホースを測るときに気をつけること

ホースのサイズを測るときは、必ず内径と外径を測りましょう。
 
内径はホース内側の直径を測ります。いちばん長いところが中心にあたります。外径はホース外側の直径を測ります。
ホースのサイズを測るときは、透明の定規が便利で測りやすいです。
 
また、サイズを測るときは、ホースの断面が平らになっていることも確認しましょう。
ホースの表面が平らでないと、ホースの差し込みが不十分になり、水漏れの原因にもなります。

■新しいホースの場合
ホースの先端部分が平らになっているかを確認します。平らでない場合は、ホースの先端部分を平らになるよう切ります。


■使用中のホースの場合
蛇口や他のアイテムとつないで使用したホースの先端は、元のサイズより大きく膨らんだ状態になります。
正確なサイズを測るには、必ずホースの先端部分を2~3cm切ります。切る面は平らにまっすぐなるように気をつけましょう。

ホース断面は平らにまっすぐが好ましいです。

平らでないホース断面。平らにまっすぐなるようにしましょう。

■使用中のホースの場合
蛇口や他のアイテムとつないで使用したホースの先端は、元のサイズより大きく膨らんだ状態になります。
正確なサイズを測るには、必ずホースの先端部分を2~3cm切ります。切る面は平らにまっすぐなるように気をつけましょう。

使用している製品にあうホースサイズを知りたい

「使っている製品にあうホースがわからない」、そんな時のポイントをご紹介します。
製造元が異なる場合でも、ホースのサイズがあっていれば、お使いのアイテムもそのまま使うことができます。

■ホースを差し込む箇所=ホースの内径サイズ
ホースを差し込む製品の場合は、差し込む箇所を測りましょう。両端の外側を測ります。いちばん長いところが中心にあたります。
ここで測った長さが、ホースの内径サイズにあたります。
 
固定されている蛇口などを測る場合は、身近にある正円状のものを使うと便利です。
例えば、1円硬貨は約20mm、500円硬貨は約26mmです。定規で測りにくい(ずらい)箇所がある時には、目安となります。

■ホースを締め込む箇所=ホースの外径サイズ
ホースを差し込み、さらにホースを締め込んで固定する製品は、ホースを締め込む箇所も必ず測りましょう。
両端の内側を測ります。いちばん長いところが中心にあたります。
ここで測った長さが、ホースの外径サイズにあたります。

関連商品

  • ホース

  • コネクター

  • 水道ホースジョイント・連結アタッチメント(継手)