2017.07.31

芝生の水やりの頻度はどれくらい?効率的な水やり方法は?

芝生を元気に育てるためには、適切な水やりがとても重要です。
水やりの頻度を間違えてしまうと、かえって芝生に悪い影響を与えてしまいます。芝生に水を与える回数やタイミングなどをしっかり把握しておきましょう。
そこで今回は、芝生の水やり頻度と効率的な水やり方法をご紹介します。すでにお庭に芝生を植えている方も、これから植えたいと考えているかたも、ぜひ参考にしてくださいね。

適切な水やりの頻度

水やりの目安は、土の表面が乾いてきたらあげるようにすると良いでしょう。
芝生の種類によって適切な水やりの回数は異なり、西洋芝は高羅系のものに比べておよそ1.5倍の水が必要です。


■季節によって水やりの頻度は違う
高羅芝の場合、春や秋は3~4日に1度が適切だといわれています。
夏場は毎日の水やりをおすすめしますが、住んでいる地域の天気や日当たり、風通しによって乾き具合が違うため、状態を見て回数を調整してください。特に残暑が続く日は、朝晩の水やりは欠かせません。冬場は休眠期に入るため水やりは必要ありません。


■水やりに適した時間帯
一般的に、午前中の水やりが良いとされており、夏の時期は午前中でも日差しが強くなる前に水やりをした方が良いでしょう。
気温が高い状態で水やりをすると蒸れた状態になってしまい、芝生にとって良い環境とはいえないのです。

また、目土入れや施肥といった芝生のお手入れをした後は、必ず水やりをしましょう。


■水やりの量
芝生に与える水の量は、少し多めに感じるくらいが適切です。
多すぎると思うかもしれませんが、地中は乾いていることがあります。目に見える部分と土の間にある「サッチ」と呼ばれる層は水をはじく性質があり、少しの水を足しただけでは根にある土まで浸透しないからです。

また、十分な水を与えなければ芝の生育に悪い影響を及ぼします。わずかな量の水だと、地中深くまで芝の根がしっかり張っていかないため、少し多めに感じるくらいの量を与えましょう。

効率的な水やり方法

あまり広くない芝生であれば、散水ノズルの付いたホースで水まきをすれば十分ですが、広い芝生や効率的に水まきしたい方には家庭用スプリンクラーがおすすめです。
広範囲をカバーでき、タイマー設定ができるオートマチックタイプを使えば、芝生の管理がさらに楽になります。


■広い芝生はスプリンクラーが効率的
スプリンクラーは住宅よりも畑やゴルフ場などでの使用が中心ですが、欧米の一軒家では、お庭に芝生用のスプリンクラーが多く設置されています。
日本でもガーデニングや庭造りを効率的に楽しむため、お庭にスプリンクラーを設置する方が増えています。

お庭にスプリンクラーを設置する際は「どんなスプリンクラーを選ぶか」がポイントとなります。
スプリンクラーは円形や噴水、チューブタイプやホースタイプなどさまざまあります。

細かい水が広く飛ぶタイプのスプリンクラーを選ぶと、効率的に芝生への水やりができるのでおすすめですよ。予算に余裕があれば、自動で水やりできるタイマーの設置をあわせて検討してみても良いでしょう。

関連商品

  • かんたん液肥希釈キット

  • トリプルアームスプリンクラー

  • パルススプリンクラー

  • 散水ホースリール マーキュリーツイスター(NB30m)

EDITOR'S PICK

  • 食べられる花?料理やお菓子づくりにも使えるエディブルフラワーとは
  • お庭の花でスワッグ作り。作り方や飾り方をチェックしよう
  • インテリアにもぴったりのおしゃれなエアプランツ。種類や育て方は?
  • 土づくりや寒肥など、冬の間にやっておきたいお庭のお手入れ